čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

😄

はじめぞしãĻ

思いå‡ē

 

ã‚šãƒŧパãƒŧã§č˛ˇã„į‰Šã‚’しãĻ、äēŒäēē䚗りぎベビãƒŧã‚ĢãƒŧãĢ子䞛äēŒäēēã¨č˛ˇã„į‰Šã—ãŸčˇį‰Šã‚’䚗せãĻ坂をぎãŧãŖãĻč‡Ē厅ãĢį€ãã¨ãã ãŖた。

 

č‡Ē厅ã‚ĸパãƒŧトぎ前ãĢčƒŒãŒéĢ˜ãäŊ“æ ŧãŽč‰¯ã„į”ˇäēŒäēēがįĢ‹ãŖãĻこãŖãĄã‚’čĻ‹ãĻいた。

 

よくčĻ‹æ…Ŗれたäēē。æ—Ļé‚Ŗぎäģ•äē‹ãŽãŠåŽĸさんだãŖた。Aさんとそぎ息子さん。

AさんはおåŽĸさんとはいãŖãĻもåŽļ族ぐるãŋでäģ˛č‰¯ãã—ãĻもらãŖãĻいãĻ

とãĻã‚‚ãŠä¸–čŠąãĢãĒãŖãĻいた斚だãŖた。

 

 

いつも明るくčŋŽãˆãĻくれãĻ、原įˆļとåšŧい頃ãĢåˆĨれたį§ã¯

おįˆļさんãŖãĻこんãĒ感じãĒんだろうãĒã¨č€ƒãˆãĻはいつもåŦ‰ã—くãĒãŖãĻいた。

 

でもそぎæ—Ĩは明らかãĢéĄ”ã¤ããŒé•ãŖãĻいた。

æ€–ã„éĄ”ã‚’ã—ãĻこãŖãĄã‚’čĻ‹ãĻいる。

 

į§ã¯åŽļãĢ帰るところだãŖたけれおį›´æ„Ÿã§å¸°ã‚ŠãŸããĒいと思ãŖた。

 

そんãĒわけãĢもいかずč‡Ē厅ぎ前ãĢį€ãäēŒäēēãĢ挨æ‹ļしようとしたįžŦ間、Aさんが「お前ぎæ—Ļé‚ŖはおこãĢおるんだ」といãŖた。

 

「äģ•äē‹ã˜ã‚ƒãĒいんですかīŧŸã€ã¨ã„うと

 

「äģ•äē‹ãĢはæĨとらん。äģŠã‚いつ逃げãĻる。åŽļぎ中æŽĸさせãĻもらうわ」といãŖãĻ

į§ãĢéĩを開けさせるとã‚ēã‚Ģã‚ēã‚Ģと中ãĢå…ĨãŖãĻいãŖた。

 

åŽļぎ中をæŽĸしãĒがらäŊ•ãŒã‚ãŖãŸãŽã‹ã‚’čŠąã—ãĻくれたけお全į„ļį†č§ŖできãĒかãŖた。į†č§ŖしたくãĒかãŖたからかもしれãĒいけお。

 

そぎあとAさんぎčģŠãĢ䚗せられãĻæ—Ļé‚ŖãŽčˇå ´ãĢé€ŖれãĻいかれた。

 

čˇå ´ãŽäēēãŸãĄã‚‚æ€–ã„éĄ”ã‚’ã—ãĻいãĻ、į§ã¯čģŠãŽä¸­ã§AさんãĢč¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚ˆã†ãĢčˇå ´ãŽäēēãŸãĄãĢčŦãŖãĻ頭を下げた。Aさんも「こいつはäŊ•ã‚‚įŸĨらãĒかãŖたãŋãŸã„ã ã‹ã‚‰ã€ã¨č¨€ãŖãĻくれた。

 

そぎあとAさんぎåŽļãĢé€ŖれãĻいかれãĻ、AさんぎåĨĨさんがおčŒļをå…ĨれãĻくれたけれお

いつもぎようãĢæĨŊしく雑čĢ‡ã§ãã‚‹ã¯ãšã‚‚ãĒくį§ã¯ãšãŖとéģ™ãŖãĻいた。

 

 

į§ãŒAさんぎåŽļãĢいる間、æ—Ļé‚ŖãŽčˇå ´ã§äŊ•ãŒã‚ãŖたかはįŸĨらãĒい。

 

 

夜ãĢãĒãŖãĻAさんがæ—Ļé‚Ŗをé€ŖれãĻ帰ãŖãĻæĨãĻ、į§ã¯å¤–ãĢå‘ŧãŗå‡ēされた。

 

「あいつčŦã‚ŠãŸã„ãŋãŸã„ã ã‹ã‚‰čĄŒãŖãĻやãŖãĻã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻ、æ—Ļé‚Ŗが䚗ãŖãĻいたčģŠã‚’æŒ‡åˇŽã•ã‚ŒãŸã€‚

 

 

劊手席ãĢäš—ã‚Ščžŧむと運čģĸ席ãĢã¯éĄ”éĸčĄ€ã ã‚‰ã‘ãĒæ—Ļé‚Ŗがいた。

 

 

整ãŖãŸéĄ”ãŽä¸­ã§ã‚‚ä¸€į•Ēįļēéē—だãŖãŸéˇ˛éŧģがかãĒりæ­Ēんでいた。

 

 

 

čģŠãŽä¸­ã§ãŠã‚“ãĒäŧščŠąã‚’したぎかは全くčĻšãˆãĻいãĒいけれお

æ—Ļé‚ŖぎæŗŖãéĄ”ã‚’čĻ‹ãŸãŽã¯įĸēかそれが最初で最垌だãŖたと思う。

 

 

それからぎæ—Ĩ々ぎことはあんぞりčĻšãˆãĻいãĒいぎだけお

掋ãŖãĻいる断į‰‡įš„ãĒ記æ†ļもぞぁうんざりするようãĒもぎばかりです。

 

 

įĩåą€ããŽæ•°ãƒļ月垌ãĢåŽļをå‡ēãĻé›ĸ劚しぞした。こぎきãŖかけを逃したら一į”Ÿã§ããĒいと思ãŖãŸãŽã§ã€ã‚‚ãŽã™ã”ã„čĄŒå‹•åŠ›ã§ã—ãŸã€‚

 

åŽļをå‡ēãŸæ™‚ãŽã“ã¨ã‚‚å‰˛ã¨ãƒ‰ãƒŠãƒžãƒãƒƒã‚¯ã ã‹ã‚‰ãã‚Œã‚‚äģŠåēĻ書こうかãĒ〜。

 

 

ãĄãĒãŋãĢæ—Ļé‚Ŗを掴ãŖたぎはAさんだãŖたぎだけお、そこぞでされるようãĒことをしたぎでč‡ĒæĨ­č‡Ē垗です。éŧģが折れるだけじゃ済ぞãĒいことしたんだから。逆ãĢよかãŖたんじゃãĒいぎ。

 

 

折れたéŧģはしばらくすると元ãĢæˆģるけおこぎäģļã§å‚ˇã¤ã„ãŸäēēãŸãĄãŽåŋƒã¯ããŖといつぞでもį™’されãĒいと思う。もうčĒ°ã‚‚思いå‡ēしたくãĒくãĻバナバナãĢãĒãŖãĻいãĻäŋŽåžŠã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĒįŠļ態じゃãĒいから。

 

 

ずãŖとåŋƒæŽ‹ã‚Šã§čž›ããĻ、åŊ“æ™‚ãŠä¸–čŠąãĢãĒãŖた斚達ãĢé€ŖįĩĄã‚’とろうとしたんだけお

čˇŗねčŋ”ã•ã‚ŒãĄã‚ƒãŖãĻ、ãŋんãĒį§ãŽã“ともåŋ˜ã‚ŒãŸã„んだãĒãŖãĻ察しãĻã™ã”ã„æ‚˛ã—ããĒãŖた。

 

 į¤žäŧšįš„ãĒå•éĄŒã‚’čĩˇã“すとæœŦåŊ“ãĢãŋんãĒãŒæ‚˛ã‚€ã‚“ã ãĒぁ。



äģŠã‚‚書いãĻãĻæ‚˛ã—ããĒãŖãĻæĨたぎで、さãŖãč˛ˇãŖãĻæĨたã‚ŋマゴã‚ĩãƒŗドでもéŖŸãšã‚ˆã†ã¨æ€ã„ぞす。

 

īŧ’īŧ“īŧ–円しかãĒかãŖãŸãŽã§é‡ŽčœãŒå…ĨãŖãĻいるã‚ĩãƒŗドイッチはéĢ˜ã™ãŽãĻč˛ˇãˆãžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚

 

īŧ’īŧ’īŧå††ãŽã‚ŋマゴã‚ĩãƒŗドãĒぎで掋金īŧ‘īŧ–円です。とãĻもつらい。